核兵器禁止条約にサインする政府を

今日は、各国政府に核兵器禁止条約への参加を求めて、20~26日に世界中で取り組まれている「平和の波」行動に呼応して、境港市と米子市で行われた行動に参加しました。

行動では、「ヒバクシャ国際署名」への協力を呼びかけました。この署名には、鳥取県知事、米子市長、境港市長をはじめ、自治体の首長さんも署名してくださっています。

続きを読む 0 コメント

「共闘しないと勝てないんだから」

今朝は、地元の車尾交差点で朝のごあいさつ。

 

準備をしていると、自転車に乗って信号待ちをしていた男性から

「総選挙では野党共闘しないんですか?」

と声をかけられました。

私が「するつもりです」と答えると、

「共闘しないと安倍政権に勝てないんだから、がんばって」

と激励してくださいました。

ガッチリと握手して別れました。

 

続きを読む 0 コメント

わき目もふらず

日本共産党は今日、全国都道府県委員長会議を開きました。会議冒頭の志位委員長の報告がネットで中継され、私も党事務所で視聴しました。

続きを読む 0 コメント

4野党が小選挙区候補一本化「模索」へ

20日、4野党の書記局長・幹事長会談が行われ、小選挙区の候補者の一本化を「模索」することを確認しました。

 

<衆院選>4野党が候補一本化「模索」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

総選挙で、市民と野党の共闘で安倍政権を倒すために、まずは一歩、ですね。

 

臨時国会冒頭の解散をめぐっては、首相の所信表明演説さえ行われないという報道も。

 

解散、28日国会冒頭に=安倍首相所信演説行わず(時事通信) - Yahoo!ニュース 

 

「仕事人内閣」と銘打っておきながら、ロクに仕事もせず解散とは、呆れるばかりです。

大義なき解散に追い込んだ国民の力で、解散したことを後悔させるような結果を出しましょう。

0 コメント

いよいよ、解散・総選挙へ

安倍首相は、9月28日に召集予定の臨時国会の冒頭に、衆議院を解散する意向を固めたと、報道されています。早ければ10月22日投票の日程で、総選挙がおこなわれます。
今回の解散は、森友学園、加計学園の疑惑の真相究明にフタをしたまま、多数の議席を確保し、安倍首相の宿願である憲法改定を成し遂げようという、極めて党略的な対応です。
さらに、野党4党が憲法53条にもとづいて臨時国会の召集を要求してきたのに、それを3カ月もたなざらしにした挙句、冒頭解散で葬り去るというのは、憲法違反と言わざるをえません。
同時に、この対応は、安倍政権の国政私物化と憲法破壊の政治への厳しい批判、7月の東京都議選での自民党の歴史的惨敗など、国民のたたかいが安倍政権を追い詰めた結果だと思います。
今回の総選挙を、安倍政権を退場に追い込む絶好のチャンスととらえ、野党と市民の共闘の勝利と、日本共産党の躍進で、「改憲勢力3分の2」体制を打ち破り、自民党・公明党とその補完勢力を少数に追い込むために、全力でがんばります。


続きを読む 0 コメント